MENU

喧嘩をした時に、更に男性をイライラさせてしまう言動とは

お付き合いをしている上で、喧嘩になることは誰にでもあることです。
しかし喧嘩の時に相手に嫌な態度をとってしまい、それが原因でより険悪になったり、長引いたりすることが
あります。
喧嘩別れという言葉もあるように、最悪の場合は喧嘩が別れにつながってしまうこともあります。
喧嘩の際に男性をイライラさせるのは、どういった言動なのでしょうか。

 

1.相手を責める

喧嘩をしている時にはイライラしますが、それを感情的にぶつけてはいけません。
女性はイライラすると、言葉が多くなり、ギャーギャーとそれをぶつけてしまうことがあります。
相手が反省したとしても、責めることにより、反省している気持ちがなえてしまうこともあるのです。

 

2.黙り込む

喧嘩をしている時に、彼の気分を害するような言葉を言ってしまうと険悪になると思い、黙り込む人がいます。
またイライラして、話す気にならないという場合があります。
しかし黙り込んでいてもあなたの気持ちはわかりませんし、彼からしたらどうしてほしい?何を考えている?と
わからなくなります。

 

黙り込むよりも、会話により問題解決をする方が良いのです。

 

3.逆切れをしてしまう

自分に都合が悪くなると、逆切れしてさらに喧嘩がヒートすることがあります。
最初にごめんと一言謝れば良かったのですが、それができない為に、お互いが嫌な思いをすることになります。
自分が悪いなと思った時には、素直にごめんと言うことが大事です。

 

4.全て相手の落ち度にする

喧嘩をしている原因は様々ですが、一人が100%悪いわけではありません。
全てあなたが悪いというように責めてしまうと、相手もふてくされてしまいます。
相手が悪いという場合でも、自分に非がなかったかと振り返る姿勢は大事です。

 

おわりに

いかがでしたか。
喧嘩をするのは仕方ないとしても、それをヒートアップさせないように気をつけたいものですね。